「ほっ」と。キャンペーン

一枚の写真


by jun-kano
カレンダー

<   2009年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ペトリ35

d0144466_22542955.jpg

ペトリ35〔栗林写真工業〕である。
美しいデザインで、結構売れたカメラです。
その後一眼レフも製造していたが、故障が多く姿を消していった。
当時多くのメーカーはシチズン・セイコー・コパル等のシャッターを使っていたが
ペトリだけは自社開発のシャッターを使っていただけに異色ともいえる。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-31 23:04 | ノスタルジックカメラ

台風??

凄い荒れ模様の天気でした。
今日は名古屋市内の撮影だったので東名阪道は100キロが精一杯でそれ以上上げると怖かった。ハンドルを握る手は冷や汗で・・・・・・。
そして我が家の玄関ポーチに置いてある自転車が、強風で倒れて玄関サッシのガラスが見事にバラバラに割れて・・・・。家財保険ってこのケースは適用されるのかなぁ??
[PR]
by jun-kano | 2009-01-31 19:43 | プライベート
d0144466_495271.jpg

本日はサルシカ隊長と取材です。
内容についてはもうしばらくお待ち下さい。
d0144466_41007.jpg


d0144466_410734.jpg


d0144466_4101581.jpg

感激する隊長。なんか隊長の手が変です!!
[PR]
by jun-kano | 2009-01-30 04:13 | サルシカ隊

露出計

d0144466_3115935.jpg

古いセコニック社製の露出計である。
言っておくが、人間の露出度を計る道具ではない。(笑)
写真撮影する時の適正露出を計る道具です。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-29 03:25 | ノスタルジックカメラ
d0144466_2371569.jpg

イタリアテノール歌手の巨匠ルチアーノ・パヴァロッティ・・・・。
彼の美声に惚れ込んで10年以上になる。
色々昔から音楽は聴いていたが彼の美声には唯一、勇気や希望を頂いている。
昨年、他界されて残念だが彼のDVDやCDは時間をかけてでもじっくり集めるつもりだ。

嬉しいことにサルシカメンバーの中にもファンが3人もいたのでこれまた嬉しかった。
お聴きになるなら1980年代の3大テノールアメリカ公演がお勧めです。
パヴァロッティの派手なパフォーマンスと限界を超えて搾り出す美声が聞けます。
観客席にはブッシュ氏・シュワちゃん・フランクシナトラなど豪華です。

※画像のDVDは1980年代の3大テノールアメリカ公演ではありませんので・・・。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-28 02:55 | プライベート

セルフタイマー

d0144466_11382239.jpg

カメラに装着する機械式セルフタイマーである。
今はセルフなんて電子式で内臓されておりますが、この時代〔1950年代〕のはずっしり重く
デザインも素晴らしい。
d0144466_11382928.jpg

実際にカメラに装着した例。
ゼンマイ式チャージをしてからスタートレバーを押すとこの様に2つの赤いマークの
目印が両サイドに開く仕組みである。開ききるとカシャっとシャッターが降りる。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-27 11:53 | 撮影機材

三重県最北東端での撮影

d0144466_1345745.jpg

昨日〔25日〕の撮影の仕事は三重県最北東端であった。
住宅の夕景を撮影する時、年に2~3回しかないくらい、からっとした素晴らしい星空に出会った。中央は御在所岳だと思います。星は写ってませんが、この後に無数の星が現れて気持ちのいい夜景撮影となりました。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-26 01:45 | 建築写真

オリンパスOM-2

d0144466_2455411.jpg

オリンパスOM-2である。
コンパクトな一眼レフとして人気がありました。
現在ではメカニカルシャッターのOM-1 OM-3 が人気となっております。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-25 02:49 | ノスタルジックカメラ

キャノン A-1

d0144466_2034322.jpg

キャノン A-1である。
今更説明する必要はないが、AE-1と友によく売れたカメラであった。
今でも持ってる方は沢山いらっしゃる事と思いますが・・・・。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-24 20:06 | ノスタルジックカメラ

絵が描ける脳を作る

d0144466_1322370.jpg

撮影の仕事をしていると現場じゃない場での打合せの時、プレゼンしたイメージをクライアントに説明させていただいても、伝わりにくい場合があるんですがそんな時、その場でスケッチを書いて見ていただければ納得するのかなと思い、半年前に買った本です。
この本は自信の無い人でもこれならできるかなと思うほど分かりやすい内容です。
建築士の先生や、デザイナーがその場でやってのけるのを見て思いつきました。
書いてみて逆効果にならない様に、ゆっくりゆっくり特訓したいと思います。
[PR]
by jun-kano | 2009-01-23 01:48 | 建築写真