一枚の写真


by jun-kano
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

松阪牛のTV放送

サルシカ隊、隊長の構成・脚本によるTV放送が本日ありました。
普段は夕刻の放送で家族全員で見る機会がないのですが、今日は家族全員、次男坊がよだれをたらしながら拝見となりました。
栃木様〔松阪牛の生産者〕も拝見できて、サルシカの取材のいきなりの申し出をお受けしてくれるのかドキドキしながらお尋ねさせていただいたのを思い出します。
まさかここまで・・・しかも年末のゴールデンの番組になろうとは思いもしませんでした。

今、この懐かしい日捲りのカレンダーを部屋の何処に掛けようか思案中であります。
d0144466_2230407.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-12-30 22:30 | サルシカ隊
いよいよ今年もあと6日となりました。
昨年から今年発売されたデジタル一眼はプロ・アマ問わず革命をもたらしたと言ってもいい位、
素晴らしいカメラだったと思います。
私にとっての最大の魅力は高感度撮影時での安定した高画質に尽きます。
11月17日の投稿記事の画像はたしかすべてISO6400での撮影だったと記憶しております。
本業の建築撮影についても、撮影中、突然展開が変って暗い条件で動きのある被写体を追わなければならない時については、ストロボの手段を使っていましたが、これもほとんど不要となりました。また、内臓の水準器(水平)についてもファンクションボタンに設定して
三脚撮影不可のアングルも楽になった。※垂直はソフトで修正
そして、もう二度と発売されないであろうと思っていたシフトのワイドレンズ。
デジタルシフトに頼らず、フルに画面を使いたかった念願がかなった。

そして年末発売のキャノン5DMARK2・・・・。素晴らしいバランスだ。
キャノンはあんな価格で作れる事を証明した。
残念ながら私はニコンユーザーで入手はしていないが・・・。

これからの時代、カメラもパソコンの様に一部の機種でもいいからハードウェアを
カスタマイズできるシステムを作っていただきたいものである。
そんな事言わなくたって、D700に続く機種がそれを叶えてくれるのかな?(笑)
[PR]
by jun-kano | 2008-12-25 01:51 | 撮影機材

ライカⅡF

d0144466_23505151.jpg

ライカⅡFである。
私はライカの中で戦前から戦後しばらくの間に生産されたバルナックライカ型が
最もデザイン的に好きだ。
多くの国(日本・ソビエト・フランス・イタリア・チェコ)がこのデザインを真似て作ったが
唯一売れたのはキャノンだった。
こんなデザインで材質も同じ仕様でデジが発売されないかなぁーと思っております。
[PR]
by jun-kano | 2008-12-21 23:57 | ノスタルジックカメラ
d0144466_0382454.jpg

今年も残すところあと10日あまりとなりました。
年末の撮影の方は連戦中でしてダブルヘッダーの日々が続いております。
ここで仕事をこなしておかないと来年の保障なんてなりませんから・・・。
さすがにトリプルとなりますと、しんどいです。精神的にも体力的にも。
作業用のソフトも新しくバージョンアップして効率アップで新しい新年に向けて
もうひと踏ん張りって感じです。

さて、いつものノスタルジィックカメラですが、キャノン7 スーパーロッコール50付です。
このカメラはライカLマウントレンズ等の、無数のレンズが装着可能で、
このカメラにはミノルタ製(今はソニー)のLマウントが着いております。
キャノン7のファインダーはとても見やすく、明るいので当時のM形ライカに唯一
対抗できた歴史的カメラでもあります。
[PR]
by jun-kano | 2008-12-20 00:57 | ノスタルジックカメラ

メリークリスマス!!

d0144466_02467.jpg

本日ダブルヘッダーの仕事を終えて、車に機材を積み込む時、色鮮やかなイルミルーション
の飾りつけが目に留まりましたので本日の癒しの一枚とさせて頂きます。
あー疲れた。(笑)
[PR]
by jun-kano | 2008-12-18 00:10 | プライベート
d0144466_0304263.jpg

リコー35 昭和30年代製である。
昔のバルナックライカのデザインを似せて、レンズシャッターになっているが
当時の日本のカメラの20~30%はライカデザインコピー機であった。
中にはそのままそっくりコピー機もある。
ボディーの下部にある引っ掛けフックみたいなのはトリガーレバーで
フィルム巻上げ装置である。
リコーカメラは当時、一番数多の種類を製造していたと思います。
[PR]
by jun-kano | 2008-12-15 00:44 | ノスタルジックカメラ
加納準 建築写真展 × ica associates.inc が2009年1月17日~2月15日まで
名古屋市中区栄一丁目25番5号 icaビル内にて開催が決定しましたのでご報告させて
頂きます。
今回の企画の主役は、ご来場いただくクライアント様でありますので、家と家族の融合した
建築写真で現実に向かっていただけたら嬉しいです。

 
d0144466_1591833.jpg
d0144466_131239.jpg
d0144466_1121837.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-12-11 01:56 | 建築写真

エボニー35

エボニー35  豊栄産業 ボルタ版である。
ミニマムなところがいい。
昭和30年代、一般庶民が子供に買ってあげる事ができたカメラである。
残念ながらフィルムは現在手に入らないのですが、現在のフィルムを加工して
写しているマニアもいらっしゃるそうです。
d0144466_2373451.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-12-09 23:07 | ノスタルジックカメラ

クライアント様より

最近、クライアント様からよくこんな質問をされるのでいくつか紹介したいと思います。
1 いつもブログ見せてもらってます。楽しそうですね。
2 加納さんはサルシカの契約カメラマンなんですか?
3 建築写真があまり載っていないじゃないか!!
4 古いカメラを沢山紹介しているけど価値あるの??
5 どう見ても、写真家よりも格闘家にしかみえないんですけど・・・。
6 サルシカの隊長さんとはホモの関係?
7 このデジカメはいくらするの?〔撮影中に〕
8 今度、一眼のデジカメ買うんですけど何処のメーカーがいいですか?
9 なぜカメラマンになったのですか?
10 プライベートでは風景とか撮ってるんでしょうね。

以上の内容の質問に私の考え方に基づいてお答えします。

1 有り難うございます。投稿をサボらず頑張ります。
2 いえ、違います。気の合う仲間の遊び心のある集団なんです。
3 すいません。個人情報の保護というのがあって掲載には気をつかってるんです。
  著作権とか版権を行使するつもりはありません。私たち建築カメラマンは、施主様、設計      者、施工者の建てられた建築物があってはじめて撮影ができるわけなんで・・・・。
4 価値はありません。いずれ価値がでるのを待っております。〔笑〕
5 ゴリラとか熊に例えられる事が多いです。結構言われると嬉しい。〔笑〕
6 絶対にありえません。しかし、兄弟に間違えられる事はしばしばあります。
   坊主頭とヒゲがポイントなんでしょうか。
   ですから、日頃は人前で真剣に向き合って話しをする事は控えております。〔笑〕
7 中間に位置する値段です。プロの世界も色々で値段が高ければいいわけじゃありません。
  ゴミ取り装置は必需で、余分なストレスを抱えるカメラは私にとって必要ありません。
   現在、トータル的に見てキャノンの5Dの最新機種が一番バランスがいいと思っておりま       す。バランスが大事って事です。ニコンから同レベルの発売を待っている状況です。
8 初めて使うのであれば、最新機種であればどこのメーカーでも変りは無いと思います。
   ただし旧製品を安く買うのは要注意です。ゴミ取り装置が付いて無い可能性があります。
  これが無いと画像上に車のフロントガラスに付く水あかのような模様が写り込んでしまいま   す。この清掃にプロも一般の人も頭を悩ませているのです。プロはソフトを使って除去して   いるのです。※レンズ交換時に異物が混入して起きるトラブル。
9 子供の頃、スーパーカーブームっていうのがあって、それらの車のイベントに行って撮影し た時に興味を持ち始めたのが始まりです。
10  はっきり言ってサボっております。今後時間があればどんどん撮りたいと思っております  

  こんな感じでどうでしょうか?
 
[PR]
by jun-kano | 2008-12-06 03:28 | サルシカ隊

ゼンザブロニカS2 

d0144466_23373835.jpg

ゼンザブロニカS2 50・75・200のレンズである。
ゼンザブロニカ工業はもともと、ガスライターを製造していた。
社長の吉野善三郎はスウェーデンのハッセルブラッドに憧れ、自社製でカメラが作れないかと考え、昭和34年、ついに登場する。
ゼンザブロニカと言う名前は社長の名前が、善三郎〔ゼンザブロウ〕なので、
ゼンザブロニカとなった訳である。
なんだか、ランボルギーニの物語によく似ている。彼は農機具のメーカーだったと思う。
以上、ノスタルジックカメラの物語でした。
[PR]
by jun-kano | 2008-12-03 23:52 | ノスタルジックカメラ