一枚の写真


by jun-kano
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

忘年会

d0144466_22445790.jpg

忘年会です。食べきれないほどの料理で皆さん大満足!!
d0144466_2245451.jpg


d0144466_22451277.jpg


d0144466_22451880.jpg


d0144466_22452536.jpg


d0144466_22453190.jpg


d0144466_22454699.jpg

子供達に大人気の野田隊員。彼の気配りに敵う者などいない。
d0144466_2246575.jpg

隊長がお金を握っている。
d0144466_22461148.jpg

やはり怪しい表情。シャッター音に反応が早かった。私もびびってブレブレ画像に。〔笑〕
[PR]
by jun-kano | 2008-11-30 22:49 | サルシカ隊
噂通り、他国にて発売寸前ですね。
24.5M、5コマ(DX7コマ)Bitや感度からするとα900とは少し違う(改良版?)
素子なのかなぁ。
国内の発表に期待ですね。
[PR]
by jun-kano | 2008-11-30 18:45 | 撮影機材

ニコンS2 35 50 85 135

d0144466_2336274.jpg

ニコンS2ボディと 35 50 85 135のレンズである。
別付けのファインダーはライカ社製です。
このボディは、当時のコンタックスのデザイン・躯体・マウントに似せてあり、
シャッター部分はバルナックライカ〔戦前のライカ〕に似せてあります。
つまり両機の良いとこ取りってわけです。
面白い事に当時のコンタックスのレンズが使えるのです。※望遠系は若干フランジの相違によりつかえません。
以上、ノスタルジックカメラのコーナーでした。
[PR]
by jun-kano | 2008-11-29 00:45 | ノスタルジックカメラ

伊豆のアトリエにて

d0144466_2115817.jpg

先日、横浜・埼玉での撮影の為向かう途中、サルシカ名古屋支部長である建築家ヒロ・佐々木氏の伊豆アトリエに御招き頂き、建築について久々に夜遅くまで語り合いました。
彼と知り合って30年にもなりますが、私が今建築写真を撮っているのは彼の影響なしにして
語る事はできません。
d0144466_21153042.jpg


d0144466_2116213.jpg


d0144466_21163039.jpg


d0144466_2117937.jpg


d0144466_21175060.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-11-27 04:40 | 建築写真

レントゲンカメラ

d0144466_1485465.jpg

キャノンレントゲンカメラ CX-60である。
フォーマットは6X6でレンズはセレナー100ミリF1.5です。
おそらくマニアの方々も見た事が無いと思いますが、お医者様はご存知でしょう。〔笑〕
d0144466_1485919.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-11-21 02:07 | ノスタルジックカメラ

ニコンの古い双眼鏡

d0144466_2321415.jpg

最近、撮影には欠かせない双眼鏡である。
バードウォッチングではありません。
建築撮影の外観撮影は、シフトレンズを使ったりデジタルシフトを使うのですが、
建物の立地条件によっては、見晴らしのいい高台やファサードの前面が田園だったりすると
300ミリ位のレンズを使います。ひと味違う遠近感がでます。
ときには800ミリも使う事も。必要ないとの意見もあるでしょうが結構建築士に意外性のアングルが好評である。
数百メートル離れた所からのチェック用の双眼鏡という事です。
でもズーム付双眼鏡の方が各レンズに合わせられるのでかなり便利ではあります。〔笑〕
d0144466_23211046.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-11-19 23:55 | 撮影機材
ニコンD3x ? ニコン新型MXフォーマット?
もっぱら20日にどちらかの発表があるとの噂はたえないが、
D3x よりも ニコン新型MXフォーマット機の方に興味がある。
ただし超広角やシフトの発売は期待できないのでFXレンズ対応
である事と、イメージサークル的に所有する24のシフトが使える事を願っております。
[PR]
by jun-kano | 2008-11-19 23:00 | 撮影機材

素食会

d0144466_23293383.jpg

海幸山幸!! 
ここには素材を獲る人、採る人、撮る人、料理を創る人、造る人、作る人、最後に
伝える人〔作家〕が存在する。
先日行われた古民家での素食会であります。

d0144466_23173041.jpg


d0144466_23185271.jpg


d0144466_23191639.jpg


d0144466_23193894.jpg


d0144466_23195648.jpg


d0144466_23201625.jpg


d0144466_2323394.jpg


d0144466_23235846.jpg


d0144466_23203820.jpg


d0144466_1275093.jpg


d0144466_23205998.jpg


d0144466_23344254.jpg


d0144466_23272654.jpg


d0144466_23301016.jpg


d0144466_23314465.jpg


d0144466_23322240.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-11-17 00:01 | サルシカ隊

建築を愛しなさい

d0144466_3413223.jpg

ジオ・ポンティ著 建築を愛しなさい  1962年 大石敏雄 訳 美術出版社である。
実は隊員のヒロ・佐々木氏に勧められたので、アマゾンで購入してみた。
最初読んだ時、、建築家が読む建築の聖書の様に感じたが、もう一度読むと
なるほど、これは幾度となく登場する建築の言葉を写真に置き換えて読めば
いいではないか!! と思った。※私にとっての意味です。
つまり、建築写真と建築を融合出来るのだ。
内容は現代に通用するものであり、全く古さを感じさせないのである。
私は建築に携わる仕事なので重宝する事にした。
d0144466_3414036.jpg

裏表紙はロンシャンの教会である。
d0144466_3414873.jpg


d0144466_3415958.jpg

[PR]
by jun-kano | 2008-11-15 04:05 | 雑誌・本
d0144466_23164585.jpg


d0144466_23165748.jpg

先日、三重県鳥羽市浦村という所に牡蠣料理を家族で行ってきました。
この模様はどうやらサルシカにて紹介されるそうです。
[PR]
by jun-kano | 2008-11-11 23:21 | プライベート